【千葉から和歌山】約1400kmの太平洋岸自転車道をママチャリで完走を目指す物語 計画編

スポンサーリンク

こんにちは、平太です。

 

タイトルのように2020年12月の冬休みを利用して、約1400kmの太平洋岸自転車道をママチャリ(シティサイクル)で完走を目指します。

 

私は過去に以下の本格的なママチャリ自転車旅をしています。

  1. 千葉県~京都府往復旅
  2. 三重県四日市市~神奈川県茅ケ崎市
  3. 千葉県~静岡県浜松市往復旅

今回は、今後ホットなサイクリングロードになりそうな太平洋岸自転車道を走って、その魅力をドンドンブログで紹介しく予定です。

まずはどういう予定で走るのか?の計画編になります。

 

 

 

 

太平洋岸自転車道って何?

f:id:heitalian:20201011180832p:plain

(公式ホームページのサイクリングマップから引用)

 

太平洋岸自転車は千葉の銚子から和歌山県和歌山市までの大規模自転車道。

公式ホームページによると

 

太平洋岸自転車道とは、千葉県銚子市から神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県の各太平洋岸を走り、和歌山市に至る延長1,400kmの自転車道構想のことです。                       引用先:https://www.kkr.mlit.go.jp/road/pcr/about-pcr.html

 

自転車道沿線は、世界遺産である富士山をはじめ、日本を代表する観光地・景勝地が多数存在するルートとなっています。

引用先:https://www.kkr.mlit.go.jp/road/pcr/about-pcr.html

 

単純にメチャクチャ楽しそう。

この太平洋岸自転車道の構想って昔からあったものの全然整備とかされていませんでした。

そして、2020年夏のオリンピックの外国観光客を狙って整備が本格化し、予定では2020年には100%近く整備が完了するとか。

 

実際にはコロナの影響で整備が予定どうりいってないかもしれません。

ただ、公式ホームページを見ると日本語・英語版のマップ、公式ロゴなどかなり本格的なんです。

後々、かなりホットなサイクリングロードになる可能性は高いです。

 

太平洋岸自転車道に関するサイクリング情報って中々なく、始点から終点まで走った人もほとんど居ないんじゃないかなって思っています。

 

じゃあ、自分が行くしかないよね!!って具合で2020年12月末から千葉県銚子市から和歌山県和歌山市まで走ってみようと思い立ちました。

(外国観光客でにぎわう前に走ってみたいですし)

 

公式ホームページ:太平洋岸自転車道

 

自転車旅の走行計画

f:id:heitalian:20200405125816j:plain

 

実際、以下のような感じで太平洋岸自転車道を走っていこうかなと計画しています。

  • 1日目:自宅~千葉県銚子市 (スタート地点)
  • 2~3日目:千葉県銚子市~浜金谷港  (千葉県パート)
  • 4日目:浜金谷港~久里浜港~神奈川県小田原市  (神奈川県パート)
  • 5~7日目:小田原~静岡市~浜松市  (静岡県パート)
  • 8日目:浜松市~愛知県田原市~伊勢湖フェリー  (愛知県パート)
  • 9~10日目:三重県鳥羽市~海山~紀宝町 (三重県パート)
  • 11~13日目:三重県紀宝町~和歌山県白浜町~加太港 (和歌山パート)
  • 14日目:徳島港からフェリーで東京へ

 

1日100kmを目安に走って行こうと計画。有給を使って2020年12月26日~2021年1月11日の期間で走破しようと思っています。

 

もし、有給が上手く使えなかったら千葉県パートを11月の3連休で実施の予定。

コロナの状況でどうなるか分かりませんが、こんな感じで進んでいこうと思います。

 

特に、和歌山パートが結構アップダウンが激しくてママチャリでどこまでいけるか分かりませんが、頑張っていきたいと思います。

 

なんでママチャリで行くの?

f:id:heitalian:20200416215308j:plain

(数々の自転車旅を共にした相棒  6段変速機付きのママチャリ)

 

なんでママチャリで行くのか?自分の周りの人から良く聞かれます。

単純に私の住まいにスポーツ自転車を置く場所が無いんですよね。

 

クロスバイクを検討しているのですが、外に置きたく無いしなって具合。

将来日本1周を検討しているので、その時はクロスバイクで行こうかなと思っています。

 

自分の持ち物

自転車旅で持っていくものは以下のおススメ記事を参照ください。

自分が実際に使っているものを記事で紹介しています。 

これらの持ち物にプラスして、今回はパソコンを持っていこうと思います。

リアルな旅の様子をすぐにブログでアップできたらと。

 

www.heita-wakuwaku.com

 

まとめ:2020年12月末 平太伝説が幕開ける

2020年12月末から大規模自転車道の太平洋岸自転車道を6段変速のママチャリで完走に挑戦します。

 

今後ホットなサイクリングロードになりそうなので、先行して魅力をドンドンブログで伝えていけたらと思っています。

 

まだ2ヶ月先の話になりますが、今からしっかり体力面の調整をしてすばらしい自転車旅にしていきます。

 

また、以下のアカウントでTwitterもやっています。

@zakiiy0810

 

 当日の自転車旅の様子もドンドンツイートしていきます。様々な自転車旅好きの方と交流ができたらと思っています。

(また、今回の自転車旅に関するメッセージ・質問等はTwitterの方にお願いします。)

 

【関連記事】過去の自転車旅の様子はコチラから

 

 

www.heita-wakuwaku.com

 

 

www.heita-wakuwaku.com