【ドラクエ10】ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」明日から勇者になれる至高の名言7選を紹介

スポンサーリンク

ドラマ 「ゆうべはお楽しみでしたね」をご存知でしょうか?

 

オンラインゲーム・ドラクエ10オンラインをモチーフにした恋愛物語で、「ヤングガンガン」で連載されている大人気漫画「ゆうべはお楽しみでした」(作者:金田一連十郎)の実写ドラマ版です。

 

岡山天音さん演じる冴えない草食系男子・「さつきたくみ」が、本田翼さん演じるギャル系女子・「おかもとみやこ」とドラクエ10をきっかけにルームシェアをすることに。

 

原作の恋愛部分の良いとこどりにプラスして、ドラマオリジナル要素で2人の恋愛模様をガンガン盛り上げる。

 

例えば、原作にはない恋のライバル(元カレ)が現れたり。

 

はっきり言いますが、ドラマが原作を超えてしまっており、かなり見ごたえがあります

 

※私はドラクエ10プレイヤーで原作は全巻持っており、ドラマはU-NEXTで何週も見ています。

 

ドラマ「夕べはお楽しみでしたね」は原作を読んだことある人だけでなく、ドラクエ10をプレーしたことがある人は絶対に見て損はしない面白いドラマとなっております。

 

この記事では、ドラマ「夕べはお楽しみでいた」の名言を6選紹介していきます。

 

原作には描かれていない勇者級の名言ばかりをチョイスしました。

 

 

 

 

「ゆうべはお楽しみでしたね」のあらすじ

f:id:heitalian:20210812171935j:plain

引用先:「ゆうべはお楽しみでしたね」第1巻

 

 「ゆうべはお楽しみでしたね」はオンラインゲーム・ドラクエ10で知り合った男女のシェアハウス恋愛物語です。

 

主人公のパウダー(キャラ名)はドラクエ10内で同じチームのゴローさん(同じくキャラ名)と、祖父が残した家でルームシェアをすることに。

 

パウはドラクエ10内ではメチャクチャ可愛いプクリポ♀のキャラですが、リアル世界では冴えない草食系男子。

 

チーム内でも男(ネカマ)であることを公言しているので、お互い同性のルームシェアと思って話は進んでいきます。

 

しかし、ゴローさんとのルールシェア初日に事件が勃発。待ち合わせの駅にいたのは、まさかの女性。しかもパウが最も苦手とするギャル系女子。

 

f:id:heitalian:20210812172315j:plain

引用先:「ゆうべはお楽しみでしたね」第1巻

(ゴローさんのリアル姿) 

 

いきなりトラブル発生も後戻り出来ないゴローさんに押し切られ、晴れて?一緒にルームシェアをスタート。

 

一つ屋根の下で男女2人。ドラクエ10を通して2人の新しい恋愛物語が今始まろうとしています。

 

【参考ページ】

www.mbs.jp

 

明日から勇者になれる至高の名言7選 

① 困っている人を助けるのに理由なんて無い!!by ゴロー

(第1話 はじまりはパルプンテより)

 

主人公のバウダーがオルフェアのボス・ザイガスにやられてフィールド上に倒れていた時、見知らぬオーガ♂が世界樹の葉を使って生き返らせていきます。

 

そのオーガ♂がゴローさんでドラクエ10内で最初の出会いでした。

 

パウダーが「なんで助けてくれたんですか?」と不思議がっている時にゴローさんが言ったセリフです。

 

「困っている人を助けるのに理由なんて無い!!」

 

ドラマ冒頭の熱い名言に一気にドラマの世界に引き込まれてしまいます。

 

②パウさんはパウさんですから!! by ゴロー

(第1話 はじまりはパルプンテより)

 

パウダーがネカマであることをチームに告白した時、チームの人の何人かは他所他所しくなったりと態度が明らかに変わりました。

 

それでもゴローさんだけは、何時もと変わらずパウに接してくれます。

 

その理由を聞いたところ、ゴローさんは「パウさんはパウさんですから」とメチャクチャ格好いいセリフを言います。

 

③そういう相手に行くのが勇者だけどな by 店長

(第2話 このたびのなかまたちより)

 

パウダーがリアル世界で働いているアニメートにゴローさんが来店。

 

その理由は「少しでもパウさんのお店の売り上げに貢献したいから」

 

そんなゴローさん(ギャル系女子)を生で見た店長がサラッとパウに言った一言がコチラ。

 

 

パウと店長はドラクエ10仲間で、ゴローさんとルームシェアしている事情も全部知っています。

 

パウが普通に生活していたら出会わないギャル系女子のゴローさんに、あえてアタックしに行く勇気が(勇者には)必要だと教えてくれます。

 

④いるじゃん、目の前に!! byゴロー

(第3話 じんせいはクエストだより)

 

スライムパンケーキを食べに行きたいパウですが、男一人で食べに行く勇気がありせん。

 

ゴローさんからも「女友達と行けばいいじゃん」と言われるが、女友達が一人もいないことを告白するパウに向かって言った一言がコチラ

 

本田翼さんの満面な笑顔で「いるじゃん、目の前に!!」はガチでヤバいです。

 

もう、このシーンだけでお腹いっぱいでパンケーキ食べれねーよ、最高すぎるよ。

 

 

⑤絶対に上手く行く保証がないと戦えないのか、そんな戦い勇者がするか!!by店長

(第6話 あらたなるぼうけんへ)

 

話が3話分飛んで最終話の第6話。

 

その間にパウもゴローさんもお互いのことが大好きに。そんないい感じの時にパウは大阪に転勤が決定。

 

そして、ゴローさんがパウの家から出ていってしまう大事件が勃発。

 

パウの送別会で事情を聞いた店長は、大阪に行く前にゴローさんに気持ちを伝えるように説得。

 

「絶対にフラれます」と告白するつもりが一切無い諦めモードのパウに放った一言がコチラ

 

「絶対に上手く行く保証無いと戦いえないのか、そんな戦い勇者がするか!!」

 

「それに大事なのは君が彼女のことを好きかどうかだろう!!」

 

 

とパウを鼓舞する店長。ドラマ中最高の名セリフです。

 

 

⑥いっけー勇者パウ、そして伝説になれ勇者パウ

 (第6話 あらたなるぼうけんへ)

 

様々な人のアドバイスにより、自分自身の気持ちを告白しようと決意するパウ。

 

しかし、家を出てしまったゴローさんは今どこにいるかは分からない。

 

分かるのはきっと今でもドラクエ10をプレーしていること。今はログイン非表示になっているが、絶対にゲーム内にいることを確信しているパウ。

 

チームの皆に「ゴローさんを探してくれ」と頼み、皆でアストルティア内にあらゆる場所を探すことに。

 

そんな時、とあるチームメンバーがムストの町にゴローさんがいることを発見。

 

そして、チームのメンバーがゴローさんの所に向かうパウを励ます一言がこの名言。

 

「いっけー勇者パウ、そして伝説になれ勇者パウ」

 

チーム内ではゴローさんは男の人という認識ですが、おそらくチームのメンバーはうすうすゴローさんが女性でパウが告白しに行くと薄々気づいていたのかもしれません。

 

⑦今ならこんな俺でも勇者になれるんだってそんな気がするんだ by パう

 (第6話 あらたなるぼうけんへ)

 

いつもゲーム内でしか勇者になれなかったパウこと「 さつきたくみ」がリアル世界で勇者(男)になるシーン。

 

店長やチームメンバーからの応援を元にゴローさんに告白することを決意。ゴローさんとの待ち合わせ場所は2人が最初に出会った最寄駅。

 

その道中では第1話で道中でビビりまくっていたギャル2人組に遭遇するが臆することは無い。

 

なぜなら、さつきたくみは草食系男子から勇者に転職しているから。

 

そんな駅の道中で言った一言がコチラのセリフ。

 

クライマックスにふさわしい最後の名言です。

 

ドラマ「ゆうべはお楽しみでした」を見て明日からあなたも勇者に!!

「ゆうべはお楽しみでした」は原作も面白いですが、ドラマは原作以上に見ごたえがあります。

 

現在、「U-NEXT」という動画配信サービスで全話(外伝2話+本編6話)見る事が出来ます。

 

月額2,189円でドラマ・映画・アニメが22万作見放題。さらに雑誌やムフフな動画も見放題でかなり充実しています。

 

ドラクエ関係では、「ゆうべはお楽しみでした」以外にもアニメ「ダイの大冒険」も配信されています。

 

※現在、お試し期間として31日間無料キャンペーンを実施しています。