【工事現場・プラント】仮設の和式トイレでどう戦うべきか? ~事故らないウンコの仕方を教えます~

スポンサーリンク

突然ですが、工事現場にある仮設トイレって本当に嫌ですよね。

 

公衆トイレと比較して臭い・汚い・キツイの3Kでなるべく使用したくまりません。

 

工事現場ってよく3Kの職場で有名ですが、その50%は仮設トイレの事を指しているんじゃないかってぐらいヤバイ。

 

私も化学プラント関係の仕事をしており、定修工事という大型工事になると嫌でも仮設トイレを使用しなければならない環境。

 

さらに、夏場の熱い時期や清掃から時間が経過すると、本当に息苦しくでヤバイです。

 

 

特に、仮設トイレの主流である和式がかなり厄介で、最近の若手作業員は(日常で使う機会が無いため)和式が使えなくて中々苦戦しているようです。

 

私の周りにもガチで和式を使ったことが無い若手社員が増えてきている印象です。

 

その結果、驚くべきことに次のような事故が起こり、ベテラン作業員を驚愕させることは珍しくないのではないでしょうか?

 

  • 物を落とす
  • ズボンにウンコが付く

 

この記事では仮設の和式トイレに慣れていない作業員の方に向けて、どのように仮設トレイと戦うべきか? 仮設トイレとの向き合い方を解説していきます。

 

仮設トイレが嫌で嫌で仕方ない人に向けて書いてますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

1.基本は仮設トイレでウンコをしない

f:id:heitalian:20210808202925j:plain

 臭い・汚い・キツイの3Kである仮設トイレではウンコをしてはいけません。

 

衛生環境的に良くありませんし、長時間そこにいると吐き気もして気分を悪くする場合もあります。

 

仮設で大をしないために次のような工夫が必要です。

 

  • 家で朝しっかりトイレに行く
  • コンビニにダッシュする
  • ウンコを我慢する

 

一番理想なのが毎朝家で大をする習慣をつけることです。

 

毎朝出すべきものを確実に出すことが出来れば、仕事中にウンコをする必要がなくなるからです。

 

私も毎朝ウンコをする習慣があるので、仮設トイレでウンコすることは非常に稀な状態です。

 

毎朝ウンコをするためには腸内環境を良くする必要があります。

 

コチラの本が面白くて参考になりますので、ぜひチェックしてみてくさい。

 

 

 

 

 また、あなたの職場が気軽にコンビニ等の綺麗な様式トイレに行ける環境であれば、少し我慢してソチラに行くことが望ましいです。

 

仮設トイレでは、なるべく小だけにして大はしない方が得策です。

 

2.次点は仮設の洋式トイレでウンコする

f:id:heitalian:20210808203350j:plain

ウンコが我慢できない時、お腹が緊急事態宣言をアピールしている時は仕方なく仮設トイレでウンコをすることになります。

 

仮に洋式トイレがあるのなら、無理して和式トイレで済ますのではなく洋式トイレで絶対に選んでください。

 

その理由は、和式トイレと違ってスムーズに事故無くウンコが出来るからです(3Kではありますが・・・)

 

お腹の緊急事態宣言が出る前に、あなたの現場で使用できる仮設トイレで洋式があるかどうか事前に調べておくのがおススメです。

 

私の現場でも一部で洋式タイプがあるので、どうしようも無い時はソチラを利用しています。

 

また、仮設トイレは本当に環境が悪いです。

 

小をするときは我慢できるのですが、密閉されたトイレの中にずっと居るのは本当に地獄です。

 

せめて臭いだけは嗅がないように次のような鼻栓を着用することで、かなり仮設トイレの世界が激変します。

 

 

 

現場で使用する耳栓とセットで鼻栓の方も用意するのがおススメです。

 

3.最悪は和式トイレでウンコをする (ウンコの仕方を伝授します)

f:id:heitalian:20210808203742j:plain

あなたの現場に仮設の和式トイレしかない場合は、和式トイレでウンコをすることを決意しなければなりません。

 

無理に我慢して現場に集中出来ないと、職長さんに怒られたり事故の元になるからです。

 

最悪なのが我慢しきれずにウンコを漏らすことです。現場が異様な雰囲気になりますので、ココは勇気を振り絞って和式トイレに果敢に挑んで頂けたらと思います。

 

 

特に、若い方は和式トイレに馴染みがないのでメチャクチャ不安だと思いますので、私が実践している方法を伝授します。

 

具体的には次のステップで和式トイレを攻略することが出来ます。

 

  1. 物は全部事務所に置いておく
  2. 腰から下はパンツまで全部脱ぐ(脱いだものはビニール袋へ)
  3. しゃがんで踏ん張るだけ (的を外さないように注意)
  4. 用が済んだら急いで逃げろ

 

それぞれのステップを詳細に説明していきます。

 

①物は全部事務所に置いておく

携帯や財布、通門証などの貴重品は絶対に事務所に置いてから仮設トイレに入ってください。

 

洋式と違って慣れない和式タイプは様々な事故が起こりえる環境です。

 

一度落としてしまったら回収することは不可能です。

 

ボールペンなんかも持ち込まない方が良いです。

 

②腰から下はパンツまで全部脱ぐ(脱いだものはビニール袋へ)

和式トイレはウンコをするのが非常に難しいです。

 

一般的には下記の記事のようにズボンとパンツを下げて用を足すのですが、素人がそんな高等テクニックを使うのは事故の原因になり大変危険です。

 

【参考記事】イラスト付きで参考になります

livinginjapan.net

 

ここでいう事故とは、作業着のズボンにウンコがついてしまうことです。

 

ズボンのずらしミスによるもの、ツナギが便器の中に入ってしまうもの、慣れない和式トイレのため思いがけない事故が起きます。

 

自宅ならそんなミスをしても全然リカバリー出来ますが、現場でそんなミスをしてしまうとどうすることも出来ません。

 

事務所内・帰りの車内でウンコの臭いで多くの人が迷惑してしまいます。

 

周囲の人からしたら事故ではなく、事件として扱われて永遠に語り継がれます。

 

 

そんな事故を起こさないために確実なのが腰から下はパンツまで全部脱いでから大をする方法です。

 

腰から下は靴下と安全靴のみの状態が事故らないベストポジションなんです。

 

そのために、腰から下までは出来るだけ軽装で仮設トイレに入り、素早く脱げる状態にするのがおススメです。

 

可能であればビニール袋を持って脱いだ服を入れておくと汚れなくて安心です。

 

 

また、現場によってはツナギを着る人が多いと思いますが、ツナギは和式トイレと相性が本当に悪いです。

 

面倒ですが、ツナギとパンツを脱いでTシャツ+靴下+安全靴のみの装備で大をするのがおススメです。

 

ここで変にズラシテ大をする高等テクニックを披露すると本当に事件が起きます。

 

絶対に全部脱いでからウンコをしましょう!!

 

③しゃがんで踏ん張るだけ(的を外さないように注意)

ここまで来たら後は座って踏ん張るだけです。

 

便器の中心とお尻の位置合わせだけはしっかりして、便器の外にはみ出さないように気をつけましょう。

 

全力で踏ん張り、1秒でも早くトイレから抜け出すことがミッションです。

 

④用が済んだら急いで逃げろ

用が済んだら急いで着替えて、仮設トイレから逃げ出しましょう。

 

仮設トイレに居ても良い事ありません。

 

外に出て深呼吸して新鮮な空気を体内に入れてください。

 

仮設トイレで毒された体をリフレッシュしましょう!!

 

4.まとめ:どうしても和式がダメなら洋式に変換しちゃいましょう

この記事では工事現場、プラントの定修工事で利用する仮設トイレで大をする時の戦い方を紹介しました。

 

最近の若い作業員の方に顕著なのが和式を使ったコトないという問題です。

 

この記事では、絶対に事故らない和式トイレの使い方を伝授しましたが、それでも和式がNGな場合があると思います。

 

そんな時は、下記のアイテムが非常に便利です。和式を洋式に変換するもので、現場の職長さんに許可を得て洋式に変換してもらうのも一つの手段です。