【男のダイエット】半年で約20kg痩せた私が教える「夜だけ炭水化物ぬきダイエット」がおススメな理由3選

スポンサーリンク

f:id:heitalian:20200418225826j:plain

 

この記事では、「体重増えすぎたけど、何かいいダイエットはないかな?」という悩みを解決していきます。

 

私は、現在30前半の男ですが、過去に流行りの炭水化物ダイエットをアレンジした「夜だけ炭水化物抜きダイエット」を実践して、過去に半年で約20kgのダイエットに成功しました。

 

その時のダイエット記録は、こちらのダイエット記事を参照してください。

 

www.heita-wakuwaku.com

 

世間では、「糖質制限ダイエット」「炭水化物抜きダイエット」が流行っており、ご飯や麺類を一日3食抜くダイエットをする方がたくさんいらっしゃると思います。

 

しかし、私も経験してみたのですが、3食炭水化物を抜くことは、ストレスにより長期的なダイエットが挫折する原因になります。

栄養の観点からもとてもおススメできるものではありません。

 

そのため、私は活動時間が少ない夜ご飯だけ炭水化物を抜く「夜だけ炭水化物抜きダイエット」とママチャリでのサイクリングをおこなって、半年で約20kgやせました。

 

この記事では、私が実践した「夜だけ炭水化物抜き」ダイエットがおススメな理由を紹介してきます。

 

 

そもそも、炭水化物をぬくとなぜやせるのか?

f:id:heitalian:20200428115710j:plain

 

炭水化物1gにつき、水分が3gついてくると言われています。そのため、炭水化物を100g抜くと、水分300gが体から無くなることになり、体重が減る原因になります。

 

参考記事

脳にも筋肉にも糖質は必要! 間違った糖質制限にストップ|健康づくり | 中部日本放送健康保険組合

 

また、炭水化物の一部の糖質には血糖値を上昇させる特徴があり、それを抑制するための「インスリン」というホルモンが太る原因と言われています。

そのため、この「インスリン」というホルモンをなくすことが炭水化物ぬきダイエットの主な理由になります。

また、糖質を抜くことで、代わりのエネルギーとして内蔵脂肪を燃焼する効果もあります。

 

参考記事

糖質制限でダイエットできるのはなぜ? 健康的に痩せる糖質オフのやり方&レシピ本おすすめ5冊 | ダ・ヴィンチニュース

 

 

炭水化物を3食ぬくダイエットのデメリットを紹介

f:id:heitalian:20200420225105j:plain

 

炭水化物を抜くことでダイエット効果がありますが、3食ダイエットをぬくという極端な行為は以下のデメリットがたくさんあります。

  1. 体に大切な栄養が取れない
  2. ストレスがたまり、長期的に継続できない
  3. 体調不良になる

それぞれのデメリットを見ていきましょう。

 

①炭水化物は体にとって大切な栄養素

食事の3大栄養素は、炭水化物・脂質・タンパク質です。

そのうち炭水化物はブドウ糖に分解され、体に大切なエネルギーになります。

このブドウ糖は脳の活動に使われると言われています。脳に糖が行かないことで、脳の活動が停止してしまいます。

 

炭水化物を取りすぎると、その分脂肪になると言われているので、炭水化物をぬきたくなる気持ちはわかりますが、反対にとらなすぎるのも体にとって非常によくないです。

 

参考記事

日本医師会

 

参考記事

生命の維持として血糖値をなるべく一定に保つ:糖質制限ダイエットが体と脳を壊す | ビジネスジャーナル

 

②ストレスがたまり、長期的に継続できない

やせるからと言って、炭水化物を3食ぬく生活をすると非常にストレスがたまり、ダイエットをするのがとても辛くなります。

私もダイエットを決意した当初は、一気にやせようとして3食炭水化物を抜くダイエットをしましたが、メチャクチャご飯を食べたくなり、3日くらいでギブアップしてしまいました。

 

そうはいっても、私の場合、太った原因として食べすぎが当てはまるので、夜だけご飯をぬき、ストレスがかからないようにしてダイエットを継続していきました。

 

③体調不良になる

炭水化物をぬきすぎると、体に異変がおきてきます。

例えば、「めまい」は炭水化物をぬくことにより体から水分がなくなることから起きてしまいます(炭水化物1gにつき、3gの水分がくっついてくるため)。

 

また、体を動かすエネルギーが失われているので、寝ているのにも関わらず、疲れて仕事に影響が出ます。

他にも腎臓に負担をかけるなど、炭水化物を極端に減らすと、いろいろな体調不良を引き起こす原因になります。

 

参考記事

「炭水化物不足」が引き起こす9つのリスク

 

「夜だけ炭水化物をぬくダイエット」がダイエットに最適な理由

f:id:heitalian:20200428125536j:plain

炭水化物を抜きすぎるダイエットは非常に体に危険です。

しかし、そうはいっても太っている原因としてご飯などの炭水化物を取りすぎているというのも事実だったりします。

 

要は、1日に食べるご飯の量を適切な量にしようよという話になります。

本来なら、3食バランスよく炭水化物の量を調整するのが一番ですが、ついつい食べてしまうのが人間です。

食べないなら、食べないと腹をくくったほうが実践しやすいと思います。3食の中で、私は夜ご飯が一番調整しやすいと思います。

そのため、私も実践した「夜だけ炭水化物ぬきダイエット」がおススメです。そのおススメな理由が以下になります。

 

  1. ダイエットが継続しやすい
  2. 体調をくずしにくい
  3. 夜に炭水化物を抜くことで、脂肪になるのを防ぐ   

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

①ダイエットが継続しやすい

なんといってもダイエットが継続しやすいです。

私も3食炭水化物ぬきダイエットをした時には、まったく継続できずにダイエットを辞めた時期がありました。

 

夜だけ炭水化物ぬきダイエットを行ったことで、ダイエットを半年以上継続することができました。

私もダイエットした時には、「ご飯食べたいな」と思っても、明日の朝と昼に食べれるために1食くらい我慢しやすいです。

 

そのため、このダイエット方法は、長期間ダイエットを実践しやすい方法です。

 

②体調をくずしにくい

炭水化物も生活をする上で必要な栄養素になり、炭水化物を極端にへらすと、体調不良の原因になってしまいます。

 

朝と昼に必要な炭水化物を取ることで、体に必要にな栄養をとることができ、結果として体調不良がおきにくくなります。

 

大切なことは、今まで食べすぎていたご飯の量を見直して、生活する上で必要な炭水化物の量を取ることがダイエットを継続させるコツです。

 

③夜に炭水化物を抜くことで、脂肪になるのを防ぐ 

昼間に仕事で活動している人にとって、夜の多くの時間は寝ることがほとんどで、昼間と比べて活動量が少なくなります。

 

そのため、日中ほどエネルギーが必要なくなり、エネルギー不足に陥りにくくなります。

 

また、夜は体が蓄積モードになり、炭水化物の糖がエネルギーよりも脂肪になりやすい時間。

そのため、夜だけ炭水化物をぬくことで、その脂肪になるのを防ぐ役目があります。

 

参考記事

夜は昼の20倍太る! 痩せるための朝昼晩の食事バランスのカギは体内時計にあり | エイ出版社

 

本当に効果ある?夜だけ炭水化物抜きダイエット(2019年6月22日)|ウーマンエキサイト(3/5)

 

「夜だけ炭水化物ぬきダイエット」をする上でおススメの食事

f:id:heitalian:20200428183132j:plain

 

私が「夜だけ炭水化物ぬきダイエット」をしていた時の夕食は主に、

  1. 焼肉+サラダ
  2. 肉と野菜たっぷりの鍋

を食べていました。特に鍋は、作るのがとても簡単で、魚や野菜、キノコ類といった色々な食材が取れるのでとてもおススメです。

特に、私のような料理が得意ではない独身男性にとって、魚を調理するのは結構難易度が高いです。

そのため、鍋に入れるだけで魚も調理できる鍋はとても便利です。

 

また、色々な鍋のスープが売っていますので、味のバリエーションも変えることができ、飽きずにお腹いっぱいに夜ご飯を食べれます。

 

さらに、残った汁を使って朝ごはんに雑炊をつくると味がしみててメチャクチャうまいです。

 

さらに、どうしても炭水化物を抜くとお腹が空く場合は、ファスティング(断食用)の酵素ドリンクを飲むのが効果があります。

私はダイエット中に、下記の「優光泉」のドリンクをお腹がすくときに飲んでいました。炭酸水で割るとお腹にたまるのでおススメです。

 完全に無添加のドリンクなのでとても安心です。

優光泉プレミアム

関連記事

 

www.heita-wakuwaku.com